--.--.--(--)--:--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ea5ae099-s.jpg

東京松虫通り(ゲントウキ/GOMES THE HITMAN/クノシンジ)2005.11.21

ゲントウキの「秋の松虫通りTOUR」に行きました。
ゲントウキとGOMES THE HITMANが好きなので、これはハズせないライブ!
体調が良くなかったのですが、ずっと楽しみにしていたので行きました(^^;

椅子に座ってのんびりまったり聴くことができました。(助かりました!)
狭いところで少ない人数で聴くのは贅沢な気分です。

最初はクノシンジさん。
元気な22歳。2日前まで風邪で寝込んでいたとは思えないハイテンションで
ポップで元気な曲を歌ってくれました。
若くて瑞々しい感性の曲ですね。バラードもポップさが残る感じでした。

次はGOMES THE HITMAN。
前回の原宿アストロホールでのサポートのアッキー(PLECTRUM)も加わっての5人編成。
曲は最新アルバム「ripple」を中心に…。
(曲目はGOMESのボーカル山田さんのブログに載ってます→http://blog.livedoor.jp/monolog/archives/cat_386049.html)
クノさんに刺激されて(?)山田さんが25歳の頃作った曲「ready for love」も
やってくれました。懐かしい!
GOMESは以前、クノさんのように明るい、恋愛の楽しい部分を表現した曲を歌っていました。
今は、もっと未来や明日、人生というような内容の曲で、長く聴ける曲を作っています。
私も最初は初期の明るくポップな曲が好きでしたが、今はじっくり聴ける現在のGOMESの曲が好きです。(それだけ歳をとったってこと??)
ジャックスカードのCMの「手と手、影と影」のおかげで中学生からサイトに問い合わせの
メールが来て、CMの影響力に驚いていました。
今回の山田さんの格言は「人生はチューニング」でした。
毎回格言があるのかなぁ…。ちょっと楽しみです(^^*)

最後はゲントウキ。
とても楽しみにしていましたが…、私は田舎モノなので、終電の関係上、最後まで聴くことができませんでした。(T-T)
前回のZHER The ZOO YOYOGIでのライブと曲目が似ていました。
もっといろいろな曲を聴きたかったかも。
今、ライブをしつつ、レコーディングをしているそうです。
新しいアルバムは大阪がテーマです。
大阪の松虫通りあたり…だそうです。
ガイドブックには載らないようなところだそうですが…。
新曲「一目散」も松虫通りが歌詞に出てきます。
写真はその松虫通りの写真です。
(いわにぃ氏のウォーキングのブログhttp://blog.livedoor.jp/ti59422/から転載させていただきました。ありがとうございます♪)

途中で帰らざるを得ないため、ゲントウキのときは後ろの方で聴きました。
GOMESの山田さんが後ろに来て聴いていたりして嬉しかったです。
グッズも欲しかったのですが、終わらないと買えないため、買えませんでした…。
ゲントウキ初のグッズの靴下がかわいくて欲しかったです♪

ゲントウキのアンコールにGOMESも参加したそうで、見たかったですーー。(´д`)
最後まで見れなくて本当に残念!
でも格安の2300円ライブで、その分は充分楽しめました♪
年末のGOMESライブにも行きたいです!

鍊人気blogランキングへ←クリックお願いします。


スポンサーサイト
2005.11.15(Tue)19:13   音速ライン「風景描写」
1stal_fukei.jpg

音速ラインの1stアルバムです。

音速ラインの曲は、懐かしさと新しさが融合された曲だと思います。
そして、とても切なくなる曲です。

ボーカルの藤井さんは福島県在住です。
(他のメンバーは東京、神奈川)
福島の地じゃないと曲ができないとTVで言っていました。
この切ない曲は福島の地が生み出すのですね。
サウンドは決しておとなしいものではなく
激しさもあるのに、こんなに切なさを感じる曲は
音速ラインの他にないと思います。
ジャケットや歌詞カードの写真もレトロな感じで
郷愁を感じます。


私は田舎に住んでいるので、3軒ほどCD屋さんをはしごして
やっと買えました(^^;
新星堂で買ったのですが、特典としてトートバックがついてきました。
どんぐりのイラストのかわいいトートバックでした。

鍊人気blogランキングへ←クリックお願いします。
fabfox.jpg

フジファブリックの2ndアルバムです。

私はフジファブリックはちょっと変わった曲を作るイメージがあります。
今回のアルバムの「モノノケハカランダ」や「唇のソレ」という曲のタイトルもちょっと不思議です。
1stよりも明るい曲が多い印象を受けました。
(1stのダークな感じの曲も結構好きなんですけど…。)
1つ1つの曲が同じようにならない、フジファブの幅の広さを感じました。

個人的には「地平線を越えて」が好きです。「モノノケハカランダ」もいいです。
ライブで聴いて好きになりました。

タイトルのFABFOXはフジファブリックのfabricのFABとキツネ(FOX)ですよね。
どうしてキツネなんでしょう??

鍊人気blogランキングへ←クリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。